購入したモノ

リューター用 FRP切断砥石 芯ブレ、偏芯のない格安良品を見つけました。

前回のリューターのコレットは安物買いの銭失いでしたが、今回は「格安良品」を手に入れることができました。

FRP切断用ディスクです。

この製品は誰にでもおすすめできる良品だと思います。

良品といえる理由は・・・

1  グラスファイバー入りで切断中に材料をかじって停止しても破損しない。
2 格安品のわりに軸精度、真円度が高くブレがない。

では、購入したディスクを紹介します。

格安良品の切断ディスク

Amazonの格安品ですが、プロクソンの「切断砥石(グラスファイバー入り)」と表記されているモノとほぼ同じ外観でメッシュのグラスファイバーで強化されています。

FRP切断用 リューター

外径がプロクソンより少し大きめです。(たくさん切断できそうです)

製品情報

切断砥石54点セット Amazon販売価格1680円
ディスク径32㎜  50枚入り
軸4本付 軸径3.0㎜(実測)

azarashi工場長は、これまでFRPの切断にはダイヤモンドディスクを使用しておりました。

薄っぺらい切断砥石(本当に砥石だけのディスクで、プロクソンの付属品に入っているようなタイプ)は、強化繊維が入っていないので簡単に割れて飛散します。

そんな経験からディスク型の先端工具はダイヤモンドディスク一択と思い込み数十年・・・。
最近ようやく、強化繊維が入ったFRP用が優れものであることに気づきました。

この切断用ディスクのいいところ 1

グラスファイバー強化との謳い文句どおりFRP切断中にディスクがかじって停止しても破損しません。これは快適に作業できそうです!

リューターは、手で保持しているため材料切断中に材料に対してディスクが斜めになってしまうことがあります。

人間の腕は工作機械のような剛性はありませんので。

気をつけて少しずつカットしていてもどうしてもかじってしまう事があります。 そんなときディスクが破損せずモーターが「うーん」っと唸って停止するだけなので安心です。

最悪ひどくかじって動かないときはリューターの電源をオフにすればOK。

この切断用ディスクのいいところ 2

それは精度が高いところです。

販売ページには「芯振れ、偏芯が起きにくく精密作業に適しています。」説明されています。

大変失礼ながら、格安品(主に中国製)は高性能を謳っていてもその大半は過大広告との認識で購入したのですが、この商品の説明文に嘘・偽りはありませんでした。ゴメンナサイ。

この手のリューター用ディスクはダイヤモンド系、砥石系を問わずディスクの「軸穴がセンターになかったり」「軸穴が大き目だったり」と、精度がイマイチなモノが大半です。

ネジでディスクをシャフトに取り付ける時、どうしてもディスクが偏芯してしまいます。

目分量でなんとなくセンターになるように固定してだましだまし使っています。

中国メーカーさんは、「小径の先端工具なので多少の芯ブレ・振動は問題ありませ~ん。気にせず使ってください。」というつもりのかもしれませんね。(笑)

ですが、この製品は違います!

本製品はディスクの軸穴がピッタリサイズ(ほとんどガタがない)でネジ止めすればセンターに固定されます。

いいモノ買ったなあという満足感大です。しかも50枚入りです!

配送パッケージはディスクがビニール袋にむき出しで入っており、配送中に割れちゃうんじゃないかというくらい雑な販売でしたが、中身は最高!

パッケージが悪くとも中身が大事。次回も購入します。(当分なくならないと思いますが)

-購入したモノ

© 2022 作業小屋のあざらし