購入したモノ

DIY作業風景撮影用フレキシブルアーム・・・安物買いの銭失い

作業の様子を撮影したいと使ってみたのがミニ三脚。ですが、3本脚って意外と面積をとり作業を妨げます。

そこで、フレキシブルアームなど棒状のもので横からカメラを支え宙に浮かせれば快適に撮影できるのではと、こんな商品を購入してみました。

商品名 UTEBIT フレキシブル チューブ アーム
説明 アルミ合金ボールヘッド360度回転 1/4ネジ 耐荷重1kg 一眼レフ、スマホ、LEDビデオライトに適用

スマホ、カメラ用、フレキシブルアーム

かなり安価な部類の商品です。レビューにはボールジョイントの固定が甘く失敗したという情報もあり迷いましたが、安価なモノがどれだけダメなのか試してみようとポチリました。

使えなかったら自分で改良すれば大丈夫。

やっぱり使えませんでした

残念なところ1

ネジを締め込んでボールジョイントが固定される、という肝心の機構が機能しません。レビューどおりです。

原因
写真のとおりテーパー状のネジ先がアルミ製円柱のV字の溝部分に押し込まれることで、アルミ円柱が上方にスライドしボールジョイントを固定するという設計のようです。

ボールジョイントの欠陥

ですが、テーパ―部分がV字の溝の上下両方に接しているため、上方にスライドせず写真左方向に押し付けていました。

いくら強く締め付けてもアルミ円柱がその場で固定されるだけで上方にスライドしません。

旋盤でアルミ円柱のV字溝の下側を削り、接触しないよう加工してみました。

ボールジョイントの改良

この加工でしっかり固定されるようになりました。意外といい感触になりました。軽く締めるとガタつくことなく固定されます。

こんな簡単な加工、メーカーさんなら余裕でできるはずなのにもったいないですね。

残念なところ2

根本側のカメラネジとフレキシブルアームの固定が接着剤である。

フレキシブルアーム付け根破損
接着剤が緩んでもげた後の図

フレキシブルアームは鉄製です。カメラネジ(左側パーツ)はアルミ製です。

これを接着剤で固定では耐久性がありません。イモネジで固定するか、カシメるかして機械的に固定した方がよいのでは。
何度か強い力が加わった結果ゆるんでしまいました。

というわけで、この商品はフレキシブルアームの両サイド(上方のボールジョイント、下方のカメラネジ)がダメダメでした。

ボールジョイントとカメラネジはつや消しブラックに塗装されルックス良しでチープな感じはしませんが、機能をはたしていません。残念ですね。

自分で加工して直せる方はそんなに多くないと思いますでの、購入者の大半は「安いからしょうがない」と泣き寝入りしているに違いありません。

念のため・・・フレキシブルアームの特徴

軽いカメラしか支えられません。これは欠点ではありませんね。
付属品がスマホホルダーですからスマホくらいの機器を支えるための商品設計です。

商品説明の耐荷重1kgは盛りすぎかと・・・。

フレキシブルアームは直線状に戻ろうとする傾向があります。直角以上に曲がりますが、曲がった位置をキ―プ出来ず少し戻ってしまいます。

フレキシブルアーム 直角以上は曲がらない
簡単にこの角度まで曲げられますが・・・・
手を離すと、直角くらいまで戻ってしまいます。

使えるのは直線0°~90°までの範囲です。

向きによっては狙った位置をキープしてくれない場合があります。

この写真のように重力がアームを直線状に戻す方向に働く場面は苦手です。

直線状に戻る傾向と重力が相まって狙った位置を保てず、少し戻ってしまいます。

でも、固定したい角度より多めに曲げればウェアラブルカメラなら問題なくキープしてくれるので、これはあくまでもフレキシブルアームの特徴です。欠点ではありません。

もし狙った位置にカチッと固定したいなら、ソリッドなアーム+関節をネジで締めるタイプがいいですね。

この商品について

最後に、この商品に限っていいえば、肝心の「上部のボールジョイント」、「下部のカメラネジ」が用をなさないため修理できるDIY好きな方以外は購入されない方がいいと思います。
私が購入したモノがたまたまハズレということもあるかもしれませんが・・・。

メーカーさんは売る前に自分で使ってみないんでしょうか。これでは苦情が多発しそうです。

-購入したモノ

© 2021 作業小屋のあざらし